骨粗鬆症関連情報

2017.12.29

骨粗鬆症のことをもっと知って頂くために

骨粗鬆症について

多くの方に骨粗鬆症が「治せる」ことを知って頂きたいと思います

骨粗鬆症の専門クリニックとして、当クリニックでは今後も骨粗鬆症が「治る病気」であることを発信し続けたいと思っています。私は地域の医師会から依頼を受けて、ドクター向けに骨粗鬆症の講演会なども行っており、それを通じて医療側に骨粗鬆症が「治せる病気」であることを発信していますが、多くの患者様にこうした認識が根付けば、きっと患者様側からも医療側に「有効な治療方法があるはず」というような働きかけが生まれて、その結果、骨粗鬆症における地域医療の底上げに繋がるのではないかと考えています。
そのためにも、当クリニックではお越し頂いた患者様に骨粗鬆症の正しい情報をお伝えし続けたいと思います。

「骨粗鬆症は恐ろしい病気」という認識を持つことが大切です

骨粗鬆症は寝たきりの原因となる恐ろしい病気であるのに、そうした認識をお持ちでない方が大勢いらっしゃいます。それらの方の中には、骨粗鬆症で骨折し、病院での治療が終わった時にドクターから「お近くの整形外科で骨粗鬆症の治療を受けてくださいね」と言われたにもかかわらず、整形外科を受診しない(または治療の途中でドロップアウトする)方もいらっしゃいます。
現在、こうした「行方不明となる骨粗鬆症患者」が国内外で問題視されており、そうした患者をフォローするために「骨粗鬆症リエゾンサービス(骨粗鬆症患者の受診・治療継続などをサポートするもの)」という制度も設けられています。
ですが、ドクター側も患者様に「骨粗鬆症による骨折は繰り返すことが多い」ということをしっかりと伝える必要があり、ドクター側からの説明が不足していることが今の状況を生み出す一因ではないかと考えています。なので、当クリニックを受診して頂いた患者様には、骨粗鬆症の正しい知識をお伝えし、「骨粗鬆症は恐ろしい病気」という認識を持って頂けるように努めております。