骨粗鬆症関連情報

2017.12.29

将来の寝たきりを防ぐために

寝たきりにならないための骨粗鬆症の予防

大腿骨頸部骨折は寝たきりに繋がります

骨粗鬆症による骨折が起こりやすい部位の1つに大腿骨(股関節)がありますが、この大腿骨を骨折すると寝たきりの大きな原因となる恐れがあります。
例えば、大腿骨頸部骨折(足の付け根の骨折)を起こすと、海外で2割の方が1年後に亡くなられているというデータがあり、日本でも1割以上の方が亡くなられていると言われています。現在、日本ではこうした事実をきちんと患者様にお伝えしている病院は少なく、そのため、骨粗鬆症が決して軽んじることができない病気であるという認識をお持ちでない患者様も多いというのが現状です。

骨粗鬆症は「骨がスカスカになるだけの病気」ではありません

血管に異常がなく、お薬も飲まれていない。そうした方にも骨粗鬆症による骨折は起こり得ます。そして骨粗鬆症による骨折がきっかけで寝たきりとなり、さらには認知症を患ったりする場合があるなど、世間でイメージされているよりも深刻な病気なのです。
骨粗鬆症は耳馴染みのある病気で、「骨がスカスカになる病気」とだけ思っている方もおられるかもしれませんが、そうではありません。骨粗鬆症により骨密度が低下することで大腿骨(股関節)などの骨折を招き、それが原因で寝たきりとなるリスクが高いという点が、骨粗鬆症の本当の恐ろしさなのです。

骨粗鬆症の治療は「健康寿命」に直結する大切な分野です

骨粗鬆症により脊椎(背骨)圧迫骨折が起こると、背中が曲がってしまい、たくさん食べたわけではないのに腹圧が高まって逆流性食道炎となったり、さらにそれが原因で誤嚥性肺炎を引き起こしたりするケースがあります。そして脊椎圧迫骨折がすでに起こっていると、寝たきりの原因となりかねない大腿骨頚部骨折(足の付け根の骨折)に繋がる恐れがあります。
このように骨粗鬆症は「健康寿命」を脅かす恐ろしい病気です。いくら寿命が伸びても、健康寿命が伸びなければ本当の意味での「幸せな人生」を送ることはできないのではないでしょうか?骨粗鬆症の治療はこの健康寿命に直結する大切な分野です。寝たきりを防止するためにも、当クリニックで適切な検査を受けられて早期発見・早期治療をはかって頂ければ幸いです。